banner

電話代行についての解説

banner 電話代行という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ビジネスマンの方には馴染みがあるかもしれませんが、通常生活する中ではあまり聞きなれない、もしくはなんとなくしか聞いたことがないという方がほとんどでしょう。
電話代行とは、企業が不在だったときなどに、そんぼ企業に代わって電話応対を行ったり、付随するサービスを提供することを指します。
主に、電話代行の方法には、2種類あり、「ボイスワープ型電話代行」「コールセンター型電話代行」というものがあります。
あまり知られておりませんが、ボイスワープ型電話代行とは、NTTの「ボイスワープ」というサービスを利用して、顧客企業の指定番号に転送するサービス、もしくは、メール等で伝達をするといったサービスです。
不在が多いような、1回線のみ使用している事業者に多く利用者がおり、電話を取り逃さないことを目的として活用されております。
一方、コールセンター型電話代行は、代行依頼を受けた電話代行業者が、依頼主である事業者の代わりに顧客対応を行うサービスを指します。事業者を代行して、他の外注業者が電話の対応を受け、事業者は定期的に報告を受ける形をとる、業者が多いようです。
代わりに電話応対することから、電話代行業者には、高い電話スキルや、柔軟な対応スキルが求められており、電話代行という呼び名でなく、電話秘書と呼ばれるケースもあります。
オフィスにひとがいないことが多かったり、対応が遅くなり、電話口でも顧客を待たせてしまったりすることで、顧客満足度も下がってしまいます。
個人事業であろうと、組織であろうと、受注や問い合わせのひとつひとつが重要になってきます。緊急時やクレームなど状況によって、対応が遅くなるケースも、いつ発生するかわかりません。
もし、思い当たる節があれば、一度利用を検討してみるのもよいでしょう。

Copyright(c) 電話代行とは All Rights Reserved.